むし歯治療について

むし歯は進行具合によって治療内容が異なります。歯科医師は健康な歯や神経などを削らないように努めますが、むし歯菌に感染した部分を取り残すと一般的に経過がよくないので、取り残しがないように確実にむし歯を削り取ることにも努めなければいけません。

無症状に進行することも多いので、定期的なチェックや治療途中で放置しないなどのご注意が必要です。気になる患者様は早めにご相談ください。

 

↓ 古い詰め物の下でむし歯が進行していました。患者様に自覚症状はありませんでしたが、大きく削り取る必要がありました。幸い神経は保存できました。

↓ このような大きなむし歯の場合は神経の保存は難しく、残念ながら抜歯に至ることも少なくありません。お口の違和感には早めの対処をお心掛け下さい。

 

歯科検診の重要性2

むし歯は無症状に進むことが多く、痛みやしみたりなどの自覚症状が出た時にはかなり進行していて、歯の神経を消毒する治療が必要になることもあります。

詰め物の下に大きなむし歯があり、強い痛みが出たので神経の消毒が必要になった例です。必要な処置ではありますが、歯の大部分を失うことで長期的な予後がよくないこともあります。

ご自覚症状がなくても定期的な歯科検診をお勧めしております。