デンタルフロスの重要性

歯みがきの際、歯ブラシのみで落とせる汚れは全体の約60%と言われています。

つまり歯ブラシだけでは約40%の磨き残しがありますが、そのほとんどは歯と歯の間の汚れです。

フロスを用いることで歯と歯の間の汚れを落とす事ができます

(歯ブラシとフロスの併用で汚れの除去率は80-90%に高まるとのデータもあります)

患者様に合ったフロスをお調べし、使用法も確認することで歯みがき上手になるお手伝いができます。むし歯や歯周病を予防するため、お気軽に当院をご利用下さい。

一般的に歯の間には磨き残しがあります。フロスを正しく用いて歯間部をケアすることがむし歯や歯周病予防に効果的です。

歯科検診の重要性3

むし歯と並んで歯周病も歯を失うリスクがある病気ですが、出血や腫れなどご自覚される症状が確認されてからの受診だと治療も大掛かりになり、通院回数や費用など患者様のご負担が増えることもあります。

定期的な口腔ケアで歯周病やむし歯の発生、進行を管理することが期待できます。歯周病が起こっていないか、定期的な歯科検診でぜひお調べ下さい。

  

たくさんの歯石が歯の裏側に沈着しているのをクリーニングしました。歯石が長期に大量についていたので、歯茎も腫れています。歯石を除去した後も定期的に管理をしていく必要があります。