デンタルフロスの重要性

歯みがきの際、歯ブラシのみで落とせる汚れは全体の約60%と言われています。

つまり歯ブラシだけでは約40%の磨き残しがありますが、そのほとんどは歯と歯の間の汚れです。

フロスを用いることで歯と歯の間の汚れを落とす事ができます

(歯ブラシとフロスの併用で汚れの除去率は80-90%に高まるとのデータもあります)

患者様に合ったフロスをお調べし、使用法も確認することで歯みがき上手になるお手伝いができます。むし歯や歯周病を予防するため、お気軽に当院をご利用下さい。

一般的に歯の間には磨き残しがあります。フロスを正しく用いて歯間部をケアすることがむし歯や歯周病予防に効果的です。

「染め出し」とは

歯科医院での「染め出し」とは歯についた汚れを可視化することで、

・患者様の磨き残しに合わせた歯みがき指導をする

・クリーニングの際に汚れの取り残しを防ぐ

以上のようなメリットがあります。当院では積極的に染め出しを行い予防指導、予防処置の精度を高めています。(必須ではありません、事前に必ずご希望をお伺い致します)

左の写真が染め出し直後です、想像よりも多く染まっている事が多いです。

右の写真は歯磨きのご指導、及び衛生士によるクリーニング後です。

このように染め出しは清潔な状態を保って頂くための重要な対応となります。

予防歯科について

「予防歯科について」

 

一般に医学用語としての「予防」とは1次予防、2次予防、3次予防に分類されます。それぞれの目的を簡単に表すと

  • 1次予防:病気の原因を元から絶つこと.
  • 2次予防:病気の早期発見・早期治療をすること.
  • 3次予防:進行した病気で失われた機能を回復すること.

となります。

 

虫歯や歯周病の発症を防ぐ1次予防はとても大切ですが、気をつけていても虫歯や歯周病に罹患してしまう事は誰にでも起こりえます。

自ら望んで病気になる人はいないのですから、1次予防だけにとらわれる事なく2次予防、3次予防にも当院は積極的に関わって質の高い治療を迅速に行えるようにも努めています。

 

長期的な視点に立った地域歯科医療サービスをご提供し続けるために当院は本質的な定義に則った予防歯科に力を入れて参ります。

 

当院のコンセプト

予防歯科

診療案内