むし歯になりやすい部分

奥歯には裂溝といわれる細かな溝があります。この部分は汚れが溜まりやすく、取りにくいためむし歯が起こりやすい部分です。発症していても無自覚に症状が進行することが多く、治療時には多くの歯を削らなければいけない事があります。定期的な検診を心がけましょう。

 

奥歯の溝から始まったむし歯が大きく進行していたため、多くの歯を削る必要がありました。

むし歯は無自覚に進行することが多いです

患者様がご自身でむし歯の存在に気づかれる時には、むし歯の発症から数年単位で経過しており多くの歯を治療のために削らなくてはいけないことがめずらしくありません。「黒くなっている」「歯に穴があいている」「冷たいものがしみる」などの症状を伴っている時には早めに受診し、症状がなくても定期的なチェックを継続するようにしましょう。

上の奥歯がしみるとの訴えでご来院されました。
細菌(虫歯菌)の働きで多くの歯が溶かされています。
むし歯の発見にはレントゲン検査が必須です。

デンタルフロスの重要性

歯みがきの際、歯ブラシのみで落とせる汚れは全体の約60%と言われています。

つまり歯ブラシだけでは約40%の磨き残しがありますが、そのほとんどは歯と歯の間の汚れです。

フロスを用いることで歯と歯の間の汚れを落とす事ができます

(歯ブラシとフロスの併用で汚れの除去率は80-90%に高まるとのデータもあります)

患者様に合ったフロスをお調べし、使用法も確認することで歯みがき上手になるお手伝いができます。むし歯や歯周病を予防するため、お気軽に当院をご利用下さい。

一般的に歯の間には磨き残しがあります。フロスを正しく用いて歯間部をケアすることがむし歯や歯周病予防に効果的です。

むし歯治療について

むし歯は進行具合によって治療内容が異なります。歯科医師は健康な歯や神経などを削らないように努めますが、むし歯菌に感染した部分を取り残すと一般的に経過がよくないので、取り残しがないように確実にむし歯を削り取ることにも努めなければいけません。

無症状に進行することも多いので、定期的なチェックや治療途中で放置しないなどのご注意が必要です。気になる患者様は早めにご相談ください。

 

↓ 古い詰め物の下でむし歯が進行していました。患者様に自覚症状はありませんでしたが、大きく削り取る必要がありました。幸い神経は保存できました。

↓ このような大きなむし歯の場合は神経の保存は難しく、残念ながら抜歯に至ることも少なくありません。お口の違和感には早めの対処をお心掛け下さい。

 

歯科検診の際、当院で行うこと(口腔内の写真撮影)

口腔内を直接観察(視診)する際、患者様はずっと開口状態になるため長い観察時間はご負担になります。

写真を利用することで、患者様への負担なく歯やその周囲組織の状態を時間をかけて細かく観察でき、むし歯などの見落としを防ぐことができます。

また、現在の状態や必要な治療法、治療内容のご説明や術前と術後の比較など、患者様へのわかりやすい情報提供ツールとしても非常に有益な素材です。

以上から、当院では歯科検診の際、口腔内の写真撮影を積極的に行っております。

 

 

左の写真は下奥歯を内側から撮影した写真です。写真を見返し、お口の見えにくい場所も時間をかけより客観的に観察することができます。むし歯や汚れの程度、詰め物の適合具合や歯ぐきの腫れなど多くの情報が得られます。また、歯科医師から患者様への説明を容易にし、ご自身の問題を把握しやすくなります。

 

上の2枚の写真は、かみ合わせの問題を改善した例ですが、処置前の問題点を把握して記録に残しておくことで、治療のゴールも明確にしやすくなります。

歯科検診の際、当院で行うこと(レントゲン)

歯科検診の際、まずは目でよくお口の中を観察します(視診)。しかし、お口の中は視野が狭く対象物(歯や詰め物や歯ぐきなど)も非常に小さいため、視診だけでは見落としが起こる可能性があります。そのため当院では検診の際、できるだけレントゲンでもチェックするようにしております。

   

視診で、むし歯が疑わしい時、レントゲンも併用して総合的に判断することでより確実な診断ができます。また、視診で問題ないと判断してもレントゲンで初めてむし歯が判明することもあります。当院では歯科検診の際に、必要に応じてレントゲンを撮影し、むし歯の有無や大きさの確認、治療介入の適切なタイミングを判断しております。

歯科検診の重要性2

むし歯は無症状に進むことが多く、痛みやしみたりなどの自覚症状が出た時にはかなり進行していて、歯の神経を消毒する治療が必要になることもあります。

詰め物の下に大きなむし歯があり、強い痛みが出たので神経の消毒が必要になった例です。必要な処置ではありますが、歯の大部分を失うことで長期的な予後がよくないこともあります。

ご自覚症状がなくても定期的な歯科検診をお勧めしております。