歯科検診の際、当院で行うこと(口腔内の写真撮影)

口腔内を直接観察(視診)する際、患者様はずっと開口状態になるため長い観察時間はご負担になります。

写真を利用することで、患者様への負担なく歯やその周囲組織の状態を時間をかけて細かく観察でき、むし歯などの見落としを防ぐことができます。

また、現在の状態や必要な治療法、治療内容のご説明や術前と術後の比較など、患者様へのわかりやすい情報提供ツールとしても非常に有益な素材です。

以上から、当院では歯科検診の際、口腔内の写真撮影を積極的に行っております。

 

 

左の写真は下奥歯を内側から撮影した写真です。写真を見返し、お口の見えにくい場所も時間をかけより客観的に観察することができます。むし歯や汚れの程度、詰め物の適合具合や歯ぐきの腫れなど多くの情報が得られます。また、歯科医師から患者様への説明を容易にし、ご自身の問題を把握しやすくなります。

 

上の2枚の写真は、かみ合わせの問題を改善した例ですが、処置前の問題点を把握して記録に残しておくことで、治療のゴールも明確にしやすくなります。

歯科検診の際、当院で行うこと(レントゲン)

歯科検診の際、まずは目でよくお口の中を観察します(視診)。しかし、お口の中は視野が狭く対象物(歯や詰め物や歯ぐきなど)も非常に小さいため、視診だけでは見落としが起こる可能性があります。そのため当院では検診の際、できるだけレントゲンでもチェックするようにしております。

   

視診で、むし歯が疑わしい時、レントゲンも併用して総合的に判断することでより確実な診断ができます。また、視診で問題ないと判断してもレントゲンで初めてむし歯が判明することもあります。当院では歯科検診の際に、必要に応じてレントゲンを撮影し、むし歯の有無や大きさの確認、治療介入の適切なタイミングを判断しております。

歯科検診の重要性3

むし歯と並んで歯周病も歯を失うリスクがある病気ですが、出血や腫れなどご自覚される症状が確認されてからの受診だと治療も大掛かりになり、通院回数や費用など患者様のご負担が増えることもあります。

定期的な口腔ケアで歯周病やむし歯の発生、進行を管理することが期待できます。歯周病が起こっていないか、定期的な歯科検診でぜひお調べ下さい。

  

たくさんの歯石が歯の裏側に沈着しているのをクリーニングしました。歯石が長期に大量についていたので、歯茎も腫れています。歯石を除去した後も定期的に管理をしていく必要があります。

 

歯科検診の重要性2

むし歯は無症状に進むことが多く、痛みやしみたりなどの自覚症状が出た時にはかなり進行していて、歯の神経を消毒する治療が必要になることもあります。

詰め物の下に大きなむし歯があり、強い痛みが出たので神経の消毒が必要になった例です。必要な処置ではありますが、歯の大部分を失うことで長期的な予後がよくないこともあります。

ご自覚症状がなくても定期的な歯科検診をお勧めしております。

 

歯磨きルーム終了のお知らせ

当院はご来院患者様の増加にご対応するため12月に医院の部分改装を行いました。

それに伴い、歯磨きルームは終了させて頂きましたのでご案内致します。

開業以来、当院の患者様だけではなくたくさんの方々にご使用頂きましたこと感謝申し上げます。

当院ご来院の患者様には院内に歯磨きスペースをご用意しておりますので、必要な場合にはスタッフにお尋ね下さいませ。

改装により、より良い歯科医療サービスのご提供に努めてまいりますので、引き続き何卒宜しくお願い致します。

予防歯科について

「予防歯科について」

 

一般に医学用語としての「予防」とは1次予防、2次予防、3次予防に分類されます。それぞれの目的を簡単に表すと

  • 1次予防:病気の原因を元から絶つこと.
  • 2次予防:病気の早期発見・早期治療をすること.
  • 3次予防:進行した病気で失われた機能を回復すること.

となります。

 

虫歯や歯周病の発症を防ぐ1次予防はとても大切ですが、気をつけていても虫歯や歯周病に罹患してしまう事は誰にでも起こりえます。

自ら望んで病気になる人はいないのですから、1次予防だけにとらわれる事なく2次予防、3次予防にも当院は積極的に関わって質の高い治療を迅速に行えるようにも努めています。

 

長期的な視点に立った地域歯科医療サービスをご提供し続けるために当院は本質的な定義に則った予防歯科に力を入れて参ります。

 

当院のコンセプト

予防歯科

診療案内

インプラント治療について

歯や歯茎などの歯周組織に問題が出てしまった時に我々が考えることはまず歯や組織の保存です。虫歯の場合は削る量をなるべく少なく、歯周病の場合は歯茎や顎の骨がなるべく温存できるように最大限努めて参ります。
それでも
・ 歯が折れてしまった時
・ 虫歯の進行が著しく利用できるだけの歯が保存できない時
・ 歯周病が著しく進行して歯を支える顎の骨が保存不可能な時
・ 虫歯菌などの細菌が歯の周囲に大きく広がってしまった時
など
ある条件下になってしまった状態を放置をすると隣の歯や周囲の歯茎や顎の骨に感染が広がり健康が損なわれてしまうので、残念ながら抜歯をしなければならないことがあります。

抜歯をした後には原則として歯を補う必要がありますが、選択肢は一般的に
・ インプラント
・ ブリッジ
・ 義歯(入れ歯)
の3種類しかありません。インプラントは他の2つに比べコストや治療期間的に不利ですが、ご自身の歯のように噛めたり、長期の予後が期待できたり、有利な面も多くあります。
インプラントを長持ちさせる方法論は歯を長持ちさせるそれと同一です。当院は歯の予防に力を入れております、インプラント治療後も長期に健全な状態が維持できるような予防プログラムをご案内し患者様と二人三脚で実践して参ります。
→当院におけるインプラント治療の特徴
健康保険対応のブリッジや入れ歯による修復ももちろん承ります。
歯がない状態でお困りの方はまずご相談くださいませ。
患者様の状態に合った治療方法を複数ご提案して、ご納得いただく方法で進めていくことをお約束致します。

→ 当院のコンセプトについて
→ インプラント治療ページ

お口のお掃除も年内に済ませましょう。

早いもので今年もあとわずかになりました。これから年末に向けて色々な行事をお控えの方も多いと思います。
仕事やイベントにお忙しい時期でもお口のクリーニングや定期健診を是非受診下さい。お口を定期的にクリーニングすることは虫歯予防や歯周病予防につながります。当院の検診では虫歯や歯周病の進行具合を細かく確認致します。治療が必要な方には治療計画をわかりやすくご案内致します。
お口を清潔な状態にして新しい年を気持ちよくお迎え下さい。
例年、年末時期はご予約が混み合いご希望の日程にそえないことがございます。早めのご予約をご検討くださいませ。

当院の定期検診について
虫歯予防について
歯周病予防について
お口全体の診査について