歯科検診の重要性2

むし歯は無症状に進むことが多く、痛みやしみたりなどの自覚症状が出た時にはかなり進行していて、歯の神経を消毒する治療が必要になることもあります。

詰め物の下に大きなむし歯があり、強い痛みが出たので神経の消毒が必要になった例です。必要な処置ではありますが、歯の大部分を失うことで長期的な予後がよくないこともあります。

ご自覚症状がなくても定期的な歯科検診をお勧めしております。