予防歯科

はじめに知って頂きたいこと

 例えばとても精度が高く、綺麗で、機能的にも問題のないセラミック治療でも、予防歯科学的に天然の歯を超えることは決してできません。
歯は削られる度に強度が弱まります。1度でも虫歯治療された歯はどんなに予防を頑張ってもその修復物の経年劣化を遅くするだけで、完全に劣化をなくすことはできません。

 最新のデータ(歯科疾患実態調査、平成23年、厚労省)で日本人の虫歯保有率は(処置歯も含め)80%を超えています。20歳以上に限定すると90%以上の人の口腔内に人工物が入っていることになります。

 歯は体の一部です。それが欠損していくことへの違和感を感じて下さい。虫歯は適切な管理下では発生をコントロールできますから、虫歯はできたときに削って治せばいいというのは誤った考えです。体の欠損を修復したらそれを維持するのは欠損を作らない以上に大変であることをご理解下さい。このことが予防歯科では最も重要だと考えております。
S&A の予防歯科では以下の4つのことを大切にしています
1. お口全体の診査
1. お口全体の診査
 予防とは健康な状態を維持していくことです。言い換えると、病気にならないように保っていくことです。ですから、既に病気がある場合は治療で健康な状態にすることが予防歯科の前提です。そのため、お口全体の診査をして病的な状態がないか確認をすることが本質的な予防歯科のスタートです。

 診査では現在の状態(病気かどうか)の他に、過去の病歴も把握できます。虫歯や歯周病等の治療履歴(本数、部位、経過年数など)と現在の状態とを総合的に捉えて未来の病気(これを一般に“リスク”と言います)を予測します。

 未来の病気を予測して防ぐことが予防の簡単な概念ですから、予防には全体の診査が必要となります。

≫S&Aの全体診査ヘ
グラフ
2.セルフケアの確立
2.セルフケアの確立
 口腔がんや事故などのまれな状況を除けば、お口の病気は大抵汚れが原因で起こります。毎日歯科医院でクリーニングをすることは時間的にも経済的にも現実的ではありませんから、ご自身の歯磨きによる日常的な汚れの管理(リスクが高い方は歯磨き以外にもご提案致します)が予防歯科には必要です。

 担当の衛生士が患者様の状態にあった歯ブラシや補助器具等をご提案して、ご指導致します。(熱意がありすぎておせっかいな場合にはお知らせください、すぐに調整致します)

 また、例えば間食で虫歯のリスクが高まったり、喫煙で歯周病のリスクが高まったり、生活習慣と歯の病気は大きく関係しています。そのため、生活習慣の改善が必要な場合にはそのご提案も致します。
3.正確な処置によって改善すること
 お口全体の診査
 例えば、10年間経過良好な虫歯治療と、2~3年で再治療になる虫歯治療とどちらが健康的かは明らかですね。当院は予防に力を入れているので、再治療を極力避けるような歯科治療を心がけています。
 そのためには単純な虫歯治療でも各ステップを正確に妥協なく進めることです。歯科治療はその特性上回数や期間がかかることもありますが、治療の各ステップにはそれぞれ意味があり、必要な手順で省くことができません。
 患者様の時間的なご協力があれば短期に集中して治療することもできます。ご希望の場合にはその旨ご相談ください。

≫虫歯治療へ
≫診療内容へ
4.定期検診(メインテナンス)の継続した実施
4.定期検診(メインテナンス)の継続した実施
 歯科における定期検診(メインテナンス)の重要性を科学的に示した論文が多く示されています。日常のセルフケアに加えて概ね3ヶ月おきの定期検診を継続することで健康な状態を長期に保つことができます。定期検診は30分から1時間程度で終了します。基本的に1回で終わります。

病気がないかしっかり調べて、病気があったらしっかり治して、定期的にしっかり管理する。

 経済的にも時間的にもこの方法が一番優れています。近年歯周病と全身疾患の関わりなども示されており、歯科での定期検診が全身の健康に寄与することがわかっています。お口の健康と全身の健康を結びつけるため、歯科でのメインテナンスの恩恵を多くの皆様にご提供したいと考えております。

≫メインテナンスへ
≫歯周病と全身疾患へ

S&Aの全体診査

口腔内写真
口腔内写真
自分自身の口腔内を自分自身でご理解頂くことが予防の達成には必要で、そのご理解には写真をご覧頂くのが1番です。
お口全体を12枚に分けて撮影します。
撮影法は規格化されているので、術前・術後の短期的な比較や何十年経った時に問題が起きた際の処置でも非常に役立ちます。
レントゲン
レントゲン写真
写真では見えない部分(歯の根や顎の骨など)をレントゲンで見ることができます。
歯科の病気はレントゲンでないと発見できないことも多いですから、非常に大切な診査です。
虫歯、歯周病、顎関節症、副鼻腔炎、骨折など様々な病気の有無や過去の病歴を把握して、最終的には個々の予防に役立てることが診査の目的です。
パノラマレントゲンを1枚、デンタルレントゲンを12枚が基本セットです。
歯周組織検査
歯周病検査
歯と歯ぐきの間にはポケットという隙間が存在します。
そのポケットの深さ、腫れ・出血の有無などを調べると歯周病の進行具合や将来的な抜歯リスクなどが分かります。
歯周病予防をするうえでとても大切な検査です。

≫歯周病治療へ
唾液検査
唾液検査
口腔内に存在する細菌の働きでむし歯が起こります。
唾液を採取して培養するとその量が把握でき、むし歯予防に役立ちます。
また、唾液の量や性質の個人差がむし歯のなりやすさに関係しますので合わせてチェック致します。

≫虫歯治療の唾液検査へ

新着情報

一覧を見る

2017/03/10

3月17日(金)は院内研修のため、午前を休診とさせて頂きます。
午後は15時から診療致します。
ご迷惑おかけ致しますが、よろしくお願い申しあげます。

2016/12/25

2016年12月29日(木)より2017年1月3日(火)まで年末年始の休診とさせて頂きます。
2017年1月4日(水)より通常通り診療いたします。
よろしくお願いいたします。

2016/08/12

2016年8月13日(土)〜8月16日(火)まで夏季の休診期間とさせて頂きます。
8月17日(水)より通常通り診療致します。
よろしくお願い申し上げます。