口腔外科

診断を大切にしています

診断を大切にしています。
 口腔外科で扱う疾患は多岐に渡ります。このため、まずは当院で対応できる疾患なのか大学病院などの専門的な外来をご紹介するべき疾患なのかを見極めることが大切だと考えております。

 当院は日頃からお口を全体的に診査し状態を把握するような医院システムを構築しておりますから、診察をご希望の患者様には口腔内を細かな部分まで精査し、必要であれば専門外来(東京医科歯科大学歯学部付属病院など)をご紹介いたします。

 口腔がんの検診や親知らずの抜歯(比較的簡単なもの)など口腔外科分野でも当院で対応可能な処置もございます。
 お気軽にお問い合わせください。

≫S&Aの全体診査へ

東京医科歯科大学歯学部附属病院との連携

東京医科歯科大学歯学部附属病院との連携
 院長の仲村は東京医科歯科大学出身ですので、必要があれば当院の患者様は提携先の大学病院としてご利用が可能です。
 当院でのご対応が難しいと判断された疾病に関しましては紹介状をご用意し、附属病院の専門外来をご紹介させて頂きます。

≫東京医科歯科大学歯学部附属病院について

顎関節症の対応

顎関節症の対応
 最近は顎関節の症状で御来院頂くことが多くなってきました。

顎関節症に関わる要素は
歯並びなどの咬み合わせ
顎関節の構造や筋肉組織などの個人差
ストレスなどの精神的な影響
癖や仕事などの日常的な動作の影響
などが挙げられます。

 顎関節症はこのように多くの因子が複雑に関わりあって生じる疾患なので、対応には慎重さが求められます。明らかに歯並びや咬み合わせからの症状と認められる場合には矯正治療や咬み合わせ治療を行うこともありますが、まずマウスピース等での可逆的な対応から経過を観察していくことが多いです。

 いずれにしても顎関節症でお悩みの場合にはその原因を探ることが大切になりますので、細かな診査をして状況の把握をした後に、適切な処置をご案内して進めて参ります。

≫S&Aの全体診査へ
≫矯正治療へ