インプラント治療について

歯や歯茎などの歯周組織に問題が出てしまった時に我々が考えることはまず歯や組織の保存です。虫歯の場合は削る量をなるべく少なく、歯周病の場合は歯茎や顎の骨がなるべく温存できるように最大限努めて参ります。
それでも
・ 歯が折れてしまった時
・ 虫歯の進行が著しく利用できるだけの歯が保存できない時
・ 歯周病が著しく進行して歯を支える顎の骨が保存不可能な時
・ 虫歯菌などの細菌が歯の周囲に大きく広がってしまった時
など
ある条件下になってしまった状態を放置をすると隣の歯や周囲の歯茎や顎の骨に感染が広がり健康が損なわれてしまうので、残念ながら抜歯をしなければならないことがあります。

抜歯をした後には原則として歯を補う必要がありますが、選択肢は一般的に
・ インプラント
・ ブリッジ
・ 義歯(入れ歯)
の3種類しかありません。インプラントは他の2つに比べコストや治療期間的に不利ですが、ご自身の歯のように噛めたり、長期の予後が期待できたり、有利な面も多くあります。
インプラントを長持ちさせる方法論は歯を長持ちさせるそれと同一です。当院は歯の予防に力を入れております、インプラント治療後も長期に健全な状態が維持できるような予防プログラムをご案内し患者様と二人三脚で実践して参ります。
→当院におけるインプラント治療の特徴
健康保険対応のブリッジや入れ歯による修復ももちろん承ります。
歯がない状態でお困りの方はまずご相談くださいませ。
患者様の状態に合った治療方法を複数ご提案して、ご納得いただく方法で進めていくことをお約束致します。

→ 当院のコンセプトについて
→ インプラント治療ページ

お口のお掃除も年内に済ませましょう。

早いもので今年もあとわずかになりました。これから年末に向けて色々な行事をお控えの方も多いと思います。
仕事やイベントにお忙しい時期でもお口のクリーニングや定期健診を是非受診下さい。お口を定期的にクリーニングすることは虫歯予防や歯周病予防につながります。当院の検診では虫歯や歯周病の進行具合を細かく確認致します。治療が必要な方には治療計画をわかりやすくご案内致します。
お口を清潔な状態にして新しい年を気持ちよくお迎え下さい。
例年、年末時期はご予約が混み合いご希望の日程にそえないことがございます。早めのご予約をご検討くださいませ。

当院の定期検診について
虫歯予防について
歯周病予防について
お口全体の診査について

歯がしみる=知覚過敏?

寒さが厳しい季節になってまいりました。「歯がしみる」というご相談で「知覚過敏」の診断がつくことも多くなる時期です。
歯ブラシの毛先が触れた時、冷たい飲食物、甘いもの、風にあたった時などに一過性の痛みが歯に生じるという症状が一般的です。知覚過敏は薬剤の塗布など比較的簡単な対処で管理できることがほとんどで、重症化した一部のケースを除けば大きな心配をして頂く必要はありません。
この場合に大切なポイントは「歯がしみる」のは知覚過敏だけではなく、虫歯や歯周病など、速やかな対処が必要な病気でも確認される症状ということです。
知覚過敏のように大きな心配はいらないケースもあれば、虫歯や歯周病などのように迅速な対応が必要なケースもありますから、歯がしみるなど違和感を感じられた場合には早めに歯科医院の受診をお勧めいたします。
当院では最新の診査機器をそろえ、間違いのない診断と正確な治療に努めております。お困りの際にはお気軽にご利用ください。

上に示した写真の例も「歯がしみる」という症状でご来院頂きました。痛みなどの強い症状はありませんでしたが、詰め物を外してみると大きな虫歯が隠れていました。しみる症状のご自覚は数ヶ月前からあったそうですが、発見が遅れると処置が大掛かりになってしまうことがあります。

むし歯治療について2

先のブログでご紹介したようにむし歯は予防可能な疾患ですが、むし歯を作る細菌は、お口の常在菌としてほとんどの人の口腔内に存在しており、磨き残しなく歯磨きをするのも簡単ではないので、むし歯は罹患率の高い疾患です。
最近の調査でも(H23,歯科疾患実態調査,厚労省)成人の罹患率は9割を超えている年代がほとんどですから、むし歯予防に力を入れるのは大前提として、むし歯治療を確実に行うことも大切です。

むし歯治療では歯を削る必要がありますが、歯の内部は本来無菌(細菌が全く存在しない)状態です。従って、むし歯治療後は再度無菌の状態にしないといけないのですが、現在日本で多く行われているむし歯治療はこの概念が欠けているように思います。

むし歯の原因菌は目には見えない位小さいですから、目で見えるくらいの汚れが歯の周り(むし歯治療の対象歯以外でも)に付いている状態は無数の細菌が口腔内に存在していることになります。その状態でむし歯治療をしても無菌状態にすることは非常に難しいので、早い時には2−3年くらいで治療した部分が再びむし歯になってしまう例もあります。このため当院では強い痛みがないなど緊急性が低いむし歯治療はお口全体のクリーニング後に行います。汚れの程度が強い方の場合には3-4回のクリーニングを優先することもあります。

むし歯の進行は、始まってから目に見えるくらいの穴があくまで数年かかることが一般的です。つまり、穴が開いた状態が発見された時点でそのむし歯は数年放置された状態ですから、数回のクリーニングを優先してもそれが原因で致命的にむし歯が進行してしまうことはありません。治療期間や回数は少なくなるようにしておりますが、それ以上に健全な状況が長期に維持される治療結果を当院は大切にしています。

もちろん痛みがある場合には除痛を優先に、見た目に問題がある場合には見た目の回復をしてからなど、状況に応じて適切な対応に努めておりますのでご安心くださいませ。

むし歯治療について1

むし歯とは、口の中に存在する細菌が、飲食により摂取された糖分を餌に作り出す酸によって歯が溶けてしまった状態をいいます。むし歯菌はほとんどの人の口腔内に存在していますが、口の中で増やさないようにすることや酸を作りにくいような生活習慣をすることで、予防が可能な病気です。

従って、広い意味で考えれば1番大切なむし歯治療は、自分に合ったむし歯を作らない方法を把握して実践すること、と言えるでしょう。言い方をかえると、むし歯を作る自らの性質や行動(リスク)を把握することはむし歯治療にとても大切なことだということです。

むし歯の原因(リスク)は3つに整理できます。
・ 細菌(むし歯菌の量)
・ 摂取する糖分(内容、頻度など)
・ 歯や唾液など自身の状態(宿主の要因)
です。この3つの要因が重なった状態が放置されると歯が溶けてむし歯が発生します。これらのリスクを把握せずにむし歯で溶けた歯を削って詰めて対処するという行為は、根本的なむし歯治療とは言えないと当院では考えています。
なぜなら、リスクを把握して改善しないと再びむし歯が生じてしまうからです。

 歯はむし歯治療を重ねるうちに傷ついていきます。一旦失われた組織は人工物に置き換わるだけで再生することはできません。さらに、人工物は残存している歯で支えられているだけなので、支えている歯には負担がかかっています。負担がかかる歯はさらにむし歯になりやすくなります。一般的に、むし歯治療を数回繰り返すと抜歯に至る可能性が著しく大きくなってしまいます。

長期的な歯の健康維持のために、このような治療の繰り返しという負のサイクルに陥らないよう患者さんと協力していくことは大切な歯科医院の務めだと当院は考えております。

リスクの診査は約1時間のご予約が必要ですが、状況にもよりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

予防を重視する医院だからこそ

S&Aデンタルクリニックの診療コンセプトは
「歯を含めた口腔諸組織を歯科医学的に健康な状態で長期に(生涯にかけて)維持すること」
です。
このコンセプトに忠実であるためには健康が損なわれている状態の機能回復にも長けている必要があります。適切で的確な治療を施すことでその後の予防管理に有利な条件が生まれ長期の健康維持が達成される可能性が高まるのです。

新たにむし歯や歯周病などの感染性の疾患を発生させないという「予防」の概念は当院の大切なキーワードですが、「質の高い機能回復」も当院のコンセプトを担う大切なキーワードです。そして、この2つが車の両輪のように互いに機能することがとても重要です。

むし歯治療、歯周病治療、インプラント治療による機能回復、矯正治療での審美性の回復やかみ合わせの調和など、これらの治療は当院でも行っておりますが全ての治療に予防の概念を組み込むことで、質の高い治療が長期に維持されることにつながります。

既に健康な状態であればそれを維持するために、改善する必要がある場合には質の高い機能回復を経て長期にそれを維持するために、当院をご利用いただければと思います。

2014年度 S&A DENTAL CLINIC 診療データ(2014.4.2-2015.3.31)

当院は2014年4月2日に開業し、これまで多くの患者様にご利用いただきました。
その中でも、口腔内の状況を細かく診査された患者様の状態を集計いたしましたのでご報告いたします。
報告の主な目的は以下の3つです。
歯科診療所の利用目的の多くが健康維持ではなく、悪化したものの対処になっている現状をご理解頂きその改善に寄与したいため。
・俯瞰的なデータの提示により、患者様自身の健康観を向上して頂くため。
・当院の歯科診療に対する考え:「多角的な視点から口腔を捉え、1人1人の患者様の健康を長期に確立させるために日々の診療を行う」ということをご理解頂く一助として。
<初診時の口腔状態>
1.むし歯の本数
DMFTとは一人当りのむし歯経験本数です。
年齢が重なるとむし歯の存在が増えています。新たなむし歯の発症がコントロールされていないことが予想されます。個々のリスク検査に基づいた予防プログラムでむし歯の発生はコントロールできるので、定期的な歯科受診に結びつけて頂きたいと思います。一度むし歯になってしまった歯はむし歯治療を繰り返さないことがとても大切です。

2.歯周病の進行度
年齢が重なるほど歯周病の進行は増している傾向にあります。また、多くの歯周病は慢性的に緩やかに症状が進行しますが、まれに若い年齢でも急激に症状が進んでしまうケースがあります。歯周病もリスクを把握して定期的な管理を行えば症状を進行させないことができますので、いずれにしても早めの対応が必要な病気です。

当院で起きた抜歯事例について

2014年度当院では38例(26名)の抜歯事例(親知らずの抜歯は除く)がありました。
歯に問題が起こった時に我々がまず考えることはその歯の保存です。ただし、むし歯や歯周病の
著しい進行がある歯や歯自体が割れてしまったものは残念ながらどんな手を尽くしても現状の技
術では保存することができません。38例の状況を共有させて頂いて、皆様の大切な歯を保存する
一助になれば幸いと考えております。
1.抜歯の理由
むし歯によるもの:16例(42.1%)、歯周病によるもの:12例(31.6%)、破折によるもの10例(26.3%)破折とは歯が折れてしまうことですが、多くの場合はむし歯治療で歯が削られて強度が落ちた歯に起こります。ですから、むし歯を起こしたくない、むし歯治療を繰り返したくない、と我々は強く望むのです。歯周病も歯を失う大きな原因ですが、むし歯も歯周病も早期に管理をすれば防げる疾患なので早めにかつ定期的なかかりつけ歯科医の受診をぜひお願いいたします。かかりつけ医がない方はぜひ当院へお越しください。

2.抜歯された患者年齢
半数近くの抜歯事例は55歳以上の年齢で起きています(16例、42.1%)が、各年代で抜歯事例が確認できます。
・20歳でむし歯を0本にするために小児期から定期的な歯科受診をしましょう。
・むし歯治療は繰り返すうちに歯の寿命が縮まり抜歯の確率が上がります。自身のリスクを把握し、適切な予防プログラムを早期に実践しましょう。
・歯周病で失われた組織は(現状では)再生できません。症状の改善後に定期的なクリーニングで管理が可能です、歯周病は早期に介入すべき病気です。

むし歯や歯周病よりもそれらの「放置」がなによりの抜歯原因です。歯が失われる前にできることがたくさんあります、歯科の定期受診をぜひご検討・ご継続ください。

歯科治療は誰もが苦手です。だから、

「歯医者に行かないといけないのはわかっていたけど、つい放っておいたら我慢できないくらい痛みが出たので」という歯科の受診理由は珍しくありません。我々のような歯科医療従事者でも歯科治療を受ける際は緊張しますので、一般的な患者様が歯科から足が遠のいてしまうのは共感できることです。ですが、むし歯や歯周病などが進行した状態を回復するには大掛かりな治療介入が必要で、歯科が苦手な方にはとても辛いと思います。しかも、対処が遅くなったことで抜歯しか対処方法がなくなってしまったり、歯は保存できてもむし歯で歯の大部分を失ってしまって長期的な維持が困難になったり、むし歯や歯周病などの疾病を放置することはデメリットが非常に大きいです。
元来、歯科医療の中心は削る、詰める、抜く、などの外科的な行為でした。確かに悪くなったものは治す必要がありますからこの行為に長けることはとても大切なことです。しかし、削らずに、抜かずに、健康な状態を維持できる予防の方法があるのであればそれをまず実践することが歯科医療の本質であり、歯科が苦手という方のニーズにも応えられるものだと思います。
悪くなったものはしっかり治して、良い状態を維持する。そのためには
まず、細かな診査をして最初の状況把握を正確にすること、
次に、悪い状態を正確に治療するための計画を正しく実践すること、
そして、その状態を保つための予防プログラムを我々と患者様とで共有すること、
が大切です。この一連の作業を進めると元来の歯科治療よりも治療期間が多少長くかかることもあるかもしれません。ですが、数回の治療回数を省くことよりも10年、20年、生涯、むし歯や歯周病をコントロールして、口腔内の健康を長期に保つことの方よっぽど価値があることだと当院は確信しております。
「歯科はとても苦手。だから、定期的に歯科を利用する。」という論理が成立するように当院は今後も精進いたします。
お困りの方はお気軽にご相談くださいませ。

歯科の定期検診でクリーニングをする訳

お口の中で起こる病気は多くの場合「虫歯」「歯周病」です。ここで大切な概念はどちらの病気も「細菌」が引き起こす「感染症」ということです。

身の回りには目に見えない多くの微生物が存在していますが、これらの微生物が体内で増殖をして疾病を引き起こす現象を「感染症」といいます。
お口の中にも非常に多くの微生物が生活しており、細菌が病気を起こそうとする力(病原性)がその人の抵抗力よりも強くなった場合に感染が成立するのです。口腔内の細菌は病原性を発揮するために歯の周囲に増殖します。そうして、増殖した菌が歯の内部に侵入したものが「虫歯」、歯の周囲にある骨に侵入したものが「歯周病」です。

歯の周囲に細菌(汚れ)が付着してから、病原性を発揮して虫歯や歯周病を発症させるまでには一定の時間がかかります。細かなメカニズムはとても専門的な内容になりますのでここでは省きますが、だいたい90日経つと歯の周囲の細菌は病原性を持つまでに成熟するとも言われています。

ですから、病原性を細菌が発揮する前に細菌のかたまりを壊してしまえば虫歯や歯周病が発症する可能性がとても低くなるのです。どんなに歯磨きを上手に行っても完全に虫歯や歯周病の菌を自分自身で除去することはできません。これが歯科の定期検診でクリーニングをする理由です。歯科は悪くならないために治療ができる唯一の医療です。

細菌感染を予防するには細菌だけ考えるのではなくその人の抵抗力とのバランスを理解することが重要です。単純なクリーニングだけではその人の抵抗力はわかりませんので、全体的な診査を行って個々に合った予防プログラムを見つけたうえで、定期的なクリーニングを継続することが大切です。

そろそろクリーニングの方はご一考くださいませ。
定期的なクリーニングを受けたことがない方もぜひご相談くださいませ。

当院が大切にしていること。

木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。

S&A DENTAL CLINICは西新宿で開業して1年が経過しました。この1年間の経過報告をホームページなどでしていきたいと考えております。「情報開示」も当院が大切にしていることの1つです。
歯科を含めた医療は全て患者さんのために存在しています。ですから歯科医院は患者さんにとっての利益が提供される場でなくてはなりません。歯科における患者さんの利益とは、痛くないこと?治療が早いこと?治療費が安いこと?・・・
様々な考え方や価値観があると思いますが、我々S&Aは、

「歯科医学的に健康な状態を長期に(生涯)維持すること」
を本質的な患者さんへの利益と捉えて、そのための歯科医院を実践中です。

「健康維持」の前提は「現在健康であること」です。それは一度細かな診査をしてみなければわかりません。お口の中の写真撮影や各種レントゲン、唾液検査や歯ぐきの検査を行い、全体的な状態把握をする必要があります。

むし歯や歯周病などの問題が発見された場合には治療の必要があります。ここで大切なのは本質的な利益を提供するために治療を行うということです。つまり「健康維持」のための治療を施すということです。細かな説明は新たなブログでと思いますが、例えば、むし歯があっても緊急性を要しない場合にはまずはお口のクリーニングを優先します。

我々は1人1人の患者さんに健康を長期に維持して頂きたいと真剣に思っております。10年、20年、一生、歯を持たせ、口腔諸機能を健全に維持して全身の健康に寄与するための歯科診療を今後もご提供し続けていきます。

2年目もよろしくお願いいたします。